フロンターレどうでしょう。
一生フロンターレします
じゃあ、俺もWBCネタを(笑)
ということでフロンターレ系ブログでもWBCの記事が結構見られるので私もいじってみますかw

そもそもWBCと言えば「ワールド・ベースボール・クラシック」というのが当たり前になっていますが、私からするとWBCと言えば数年前までは「世界ボクシング評議会 (World Boxing Council)」だったんですけどね(笑)

まあ、そんなひねくれた事言うのはこのくらいにして。

一応元高校球児として、WBC決勝を振り返ってみます。
とはいえ世の中には「野球評論家」がいっぱいいるから大した事言えないでしょうけど。

***
このゲームには3つのポイントがあったと思います。
まずは序盤の攻撃について。

韓国の先発がかなりコントロールに苦しんでいました。
しかしランナーを出しながらも1点しか奪えなかったのが接戦となった大きな要因でしょう。
あの流れだと中盤で逆転され、韓国ペースになってもおかしくなかった。
それでも岩隈の好投もあり常にリードし続けられたのは大きいです。

次に9回の投手交代。
左投手の杉内に対し、韓国は先頭バッターに右の代打を起用。
ここで原監督はダルビッシュに交代。
これは原監督の采配ミスではないかと。
左(投手)対右(打者)だから替えるという安易な発想だったのか?
しかもダルビッシュ。
常に先発で起用していた投手を大事な所でストッパーに。
先発完投型ですからいわゆる「立ち上がり」である最初のイニングは不安定になりがち、しかもWBC決勝の9回裏1点差ですからね。
私なら8回に調子良かった杉内を続投させます(←ほら出た一般野球評論家w)
これも打者出身の監督の采配というのと「最後はダルビッシュに」というドラマチックな演出をしたくなってしまった監督の「甘さ」が見えてしまったのは私だけか?

それまでは調子の上がらない栗原をスッパリ代えたり、わりと良い采配してたんですけどね。

あ、ちなみに小学校の頃の憧れの選手は原辰徳でしたが何か?

まあ、それでも何とか逆転されなかったので流れが大きく傾くことは避けられましたが。

そして運命の10回表。
内川が先頭打者でキッチリ出てくれましたね、大きな仕事をしました。
稲葉もキッチリ送りバント。
岩村もヒットで続き、それぞれが大事な場面でやるべき仕事をキッチリこなしました。

残念だったのは「川崎」という苗字の宗リンがアレだった件(笑)

で、イチローです。

どこぞやのサッカークラブの某選手の「持ってます。」とは次元が違います。
(そんなヤツにやられた悔しさが再び蘇りますがw)

打席に立ちながら自分の実況をしていたと言うのですから、一般人では理解し得ない「ZONE」に入っていたんでしょうね。
あの場面で粘って、そして最後には「少年野球から教わる『センター返し』」を体現するのですから、どれだけ基本が大事かと言う事も改めて教えられます。

この打席は伝説になると思いますし、これ以上言うべきことはないでしょう。

なのでイチローの打席中の「ランナー岩村」に焦点を当ててみます。

イチローの打席の2球目に岩村はノーマークで2盗を決めます。
普通に言えば「バッテリーの隙をついた好走塁」なのですが、実はここでは裏目に出る可能性もありました。
1塁が空き、守備側に「敬遠」という選択肢を与えたのです。

ところがバッテリーは勝負を選択した。
結果的に追い込んでいたからか?とも思いましたが実はベンチからは敬遠の指示が出ていたそうです。
「バッテリーがサインを理解していなかったのかもしれない」と韓国監督のコメントにありますが、「伝わらなかった」のではなくタイムを取ってでも直に「伝えられなかった」采配側に数%でも迷いがあったと捉えます。

イチローにだけではなく侍ジャパンに「勝利の女神が降臨」していたのでしょうね。

***

ある意味フロンターレの記事よりも長くなってしまい変な汗が出てきましたが、そんなこんなでWBC王座防衛、じゃなくて2連覇です。

イチローの笑顔が印象的でした。

個人タイトルではなく「チームで手に入れたタイトル」だからこそでしょうね、あの喜びかたは。

ああ、チームタイトル獲ってみたいなあ・・・
もちろんフロンターレで。


ホームランという華が無くてもこんなにエキサイティングな野球が出来た今回の侍ジャパンに惜しみない拍手を。

野球ってチームプレーなんだなと今さらながら思いつつ、久々に野球が面白いと思えたWBCでした。



人気blogランキングへ></A><a href=←サッカーブログランキング応援クリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ←フロンターレ系ブログはこちらです。
スポンサーサイト
【2009/03/25】 | スポーツどうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<同じアルファベット3文字ですが。 | ホーム | 「何もしない」ときたか。>>
コメント
「持ってるなあ」というセリフにワタシも2年前を思い出させました。
あれは「本当に持っている選手が」「日本代表で」「世界一になったから」世間から許される発言であって,ポッと出のワカゾーに言われたら相手ファンはたまったもんじゃない,と。

・・・ああ,なんとしても憲剛に同じセリフを言わせたいわ(←結局勝ちたいだけ)
【2009/03/25 22:06】 URL | たつパパ #v7O0xCM6 [ 編集 ]
感じ方がフロンターレ的でいま語られてるどんな記事よりサイコーでした!
タイトル、いいですよね。我々も、ONE STEP ですね♪
いいコラム拝見して気分いいです(^0^)/
【2009/03/26 00:11】 URL | いわ #- [ 編集 ]
>たつパパ さん
ふう、ようやく私のシーズン終了。
まあ、サラリーマンにとってシーズンオフはありませんけどねw

「なんとしても憲剛に同じセリフを言わせたいわ」
言わせましょう!

>いわさん
あれだけフロンターレで熱く語りながらも実は「野球道」を歩んできました。
応援はサッカー、プレーは野球という住み分けになっています、今のところ。
サッカー知識については「プレー経験がない」という意味では素人、気持ちを前面に出した内容が多いですが、野球となると経験しているだけにさらに奥深く語りたくなってしまいます。

とはいえ結局は「フロンターレでタイトル獲りたい」というのが結論なんですけどね。

優勝して嬉し泣きしたいっす。
【2009/03/27 18:18】 URL | piko #vdXS97RM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今何時?

Jリーグ公式 ブログパーツ

プロフィール

piko

Author:piko
神奈川県川崎市出身。
「生まれも育ちも川崎」でございます。

早いものでサポーター15シーズン目。
川崎フロンターレとともに2017年を戦っていきます。

LOVE KAWASAKI

フロンターレ公式

サッカーブログランキング

1日1クリックお願い致します。

人気blogランキングへ></A>

</p>
<p style=

にほんブログ村

こちらにもフロンターレ系ブログが↓

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

Mind-1リンクサイト

さっかりん川崎 JBA川崎

J'sGOAL

俺達とともに行こうぜ

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

俺達の思いは 誰よりも熱く

リアルタイムご来訪同志数

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

蒼黒に光る星とともに


-天気予報コム-

ブログ内検索

RSSフィード

蒼黒、いや白黒つけようw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる