フロンターレどうでしょう。
一生フロンターレします
鹿島戦の「行方」と、あの試合に参戦して「得たもの」
今朝の出来事から。

もちろん社内には私がフロンターレサポーターである事は知れ渡っていますが、出社すると声を掛けられ。

部下「○○さん、土曜日の試合中止、まさかあの場所に…」
私「ええ、いましたよ。」
部下「やっぱり(笑) で、ぶっちゃけどうだったんですか?試合できたんですか?」
私「できました。選手もサポーターも大多数は再開すると思っていました。」

とキッパリ言っておきました。

***

昨日は試合後ということもあり思いの丈をストレートに記事にしましたが(それでも結構抑えたつもりw)、今回は落ち着いてあの試合の「問題点」と、逆に「プラスになったもの」をまとめてみたいと思います。

・一番の問題は・・・
ズバリ。

岡田主審の判断ミス。

以上。

じゃなくて。

補足します。

以下の2つの記事を。
鹿島vs川崎 豪雨ノーゲーム!天王山まさかの水入り(報知)

川崎F、鹿島大雨中止に不満続出/J1(ニッカン)

フロンターレ関係者(選手・スタッフ・サポーター)だけでなく、鹿島側も続行を主張していたということが全てだと思います。

記事から引用しますと、
開催責任のある鹿島側が「この程度で中止はない」と岡田主審に詰め寄る場面もあった
・川崎FのMF中村は「普通にできる。雨が降ってもやるのがサッカー」と不満そう。負けていた鹿島のオリベイラ監督も「雨なので(空中戦に強い)田代を入れて逆転できると思っていた」と話したという
(以上ニッカンより)

・岡田正義主審(51)が試合を中断し、マッチコミッショナー、両チームの実行委員、運営担当と協議。両チームから続行可能という意見が出たが約30分後、中止となった。ピッチコンディションでの中止はJリーグでは初めて。
・川崎が3―1でリードしていた時、岡田主審は、鹿島の運営担当に見解を求め、試合続行可能と助言されていた。だが、その5分後の同29分、中断を決断した。
・強引な中断だった。日本代表の岡田武史監督(53)は中断中に帰宅し、「なんでやめたのかな。たいして降ってないのにね」といぶかしがった。中断中の協議では、鹿島、川崎両チームの実行委員、運営担当からも試合続行の意見が出ていた。
(以上報知より)


他の記事でも、鹿島の内田選手は「こういう状況でもやるのがサッカーだと思っていた。」とコメントし、興梠選手も「止めたときが一番雨がやんでいた。あのまま続ければよかったんじゃないかと思う」とコメントしているようです。

そんな状況で何故岡田主審は「試合中止」を決断したのか?

不可解です。


明日裁定が下りますが、選択肢としては、
・0-0からの再試合
・3-1から残り時間を再開
・3-1で試合成立

の3つでしょうか。

報知にこんな記事が↓
「0─0から再戦」か「3─1で成立」…大雨中止の鹿島─川崎戦(報知)

いずれにせよ、どの決定でもスッキリしませんね。

また、裁定だけでなくこの試合での「ピッチコンディション不良による試合中止」そのものについても議論すべきではないかと。

明確なルール作りも急務。


とにかく、明日の裁定を待つことと、この試合を機にJリーグがよりフェアな方向に進んでいくことを願いたいと思います。

それにしてもジャスティス、とんでもない「正義の鉄槌」を下してくれたな・・・


・あの試合から「得たもの」
アウェイで、ケガ・出場停止など厳しい条件の中、王者鹿島に後半29分まで3-1というスコアでリードしていた事実。
フロンターレの選手達を誇りに思います。
この試合に賭ける思いがプレーから伝わってきました。

試合再開を信じてチャントを歌い続けるフロンターレサポーター。
そして控え室からその光景を見てくれていた選手達。
試合中止が決まり、雨の中ゴール裏に挨拶に来てくれた選手達。
(私はその場に居ませんでしたが)主催者から何の説明も無い中、ゴール裏に説明しに来てくれた信平社長と福家GM。

選手・スタッフ・サポーターの結束はさらに強固なものになった
と思います。


まさに、

ONE STEPであり、Mind-1です。

鹿島戦だけじゃない、今週末の浦和戦から続く連戦を心ひとつに戦い、乗り越えていきたい。

フロンターレサポーターであることを誇りに思い、勝利のためにフロンターレを精一杯後押ししたい、と改めて強く思いました。

これが、あの場所に立ち会えたことで実感できた「収穫」です。


これからも、さらに熱くフロンターレを後押ししたいと思います。




人気blogランキングへ></A><a href=←サッカーブログランキング応援クリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ←フロンターレ系ブログはこちらです。
スポンサーサイト
【2009/09/14】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<鹿島戦の扱い決定。 | ホーム | 帰ってきましたが。>>
コメント
こんにちは。いつも拝見していますが、初めてコメントさせていただきます。
第1に岡田も考えられない判断ミス、第2にマッチコミッショナーたちの判断ミス、第3に規約をきちんと決めていなかったJリーグのミスだと思います。ここでフェアーな決定を行い、今後の規約作りにつながればと思います。
で、どうするかですが、3-1から残り時間を再開するのが双方のチーム、サポーターにとって納得がいく判断だと思います。ただ、実施するには日程、メンバーなど厳しい障害がありますね。その他は、いずれにしろ問題は残りますが、現実的なところとして、諸外国での実例があるところから3-1で試合成立が妥当と思っています。
Jの過去の例から抜け出せない、柔軟さのない、官僚的な体質が気になりますが。
【2009/09/15 08:28】 URL | triton #- [ 編集 ]
>tritonさん
コメントありがとうございます。
概ね同意です。
スタジアムに居たものとして、2次的ではありますが第4に「ビジョンで「ノーゲーム」と表示、「再試合」アナウンスで混乱を招いた事も。

裁定についてですが、公平性を考えれば3-1からの「再開」が私も妥当と思いますし、某スポーツ紙でのアンケートも「再開」が5割近く占めていました。
私は「選手達がどうすれば納得がいくか」を優先で考えてほしいなと思います。
少なくとも、あの74分の記録は「幻」にしてほしくないなと。

90分未消化で「試合成立」、諸外国の例はまだ調べていないのですが、昨年のU-23対アルゼンチン戦@国立がありましたね。
私はそこにも居ましたw
あれは壮行試合で本戦である五輪に影響するものではなかったので「両者合意」で済みましたが、今回はリーグですからね。
試合成立となれば、特に過密日程を控えるフロンターレの選手達にとってはありがたいことです。
ただし、鹿島にとっては不利、仮に「双方の合意があれば」となっても受け入れがたいでしょう。
そんなこんなも含めて規定作りを早急に進めてほしいなと思います。
「柔軟さのない、官僚的な体質」
↑実はこれが一番心配だったりして(苦笑)

とにかく、裁定を待ちましょう。
【2009/09/15 12:46】 URL | piko #vdXS97RM [ 編集 ]
遅くなりましたが、現地応援お疲れ様でした。風邪なぞひいていませんか?

とてもいい試合だったので、しばらく状況を飲み込むことができませんでした。残念です。とにかく裁定をまつしかありませんね。

こんな状況ですが、当日の選手たち、サポーター、そして社長とGMの姿、行動を見て、ますますフロンターレが好きになりました。フロンターレは本当にすばらしいチームです。

Mind-1ですね。
【2009/09/15 14:07】 URL | 福島の米 #- [ 編集 ]
はじめまして。
あなたの意見に全く同意いたします。
私は、たまたま、
7~8年前に岡田正義氏の本を読んでいたので
あれから、何度も信じようとしましたが、
今回の件で岡田氏への信頼はなくなりました。
ただ、
今後にいかしていくためにも、
今回と同様の試合にはどのような対応を
するのかを明確に示してもらいたいものですよね!
ありがとございました!
【2009/09/15 21:12】 URL | 子供のおかげでサッカーファン #- [ 編集 ]
>福島の米さん
何があっても食欲が落ちないです(笑)
問題は、明日健康診断なのに、ここのところ(サッカーで)色々あって影響がないか心配w

試合中止となってから、しばらくは雨に打たれ続けていました。
動けなかった。

そんな中、(私はバスツアーのため居ませんでしたが)社長とサポーターのやりとり。
あの状況で「帰ってください」と言われて「笑える」サポーターである事、これがフロンターレです。
フロサポであることを誇りに思います。

>子供のおかげでサッカーファンさん
コメントありがとうございます。
人間だから間違いはありますが、今回はプレーを止めるのではなく、試合自体を止めてしまいました。
それが誰もが納得する答えではなく、少なくとも鹿島・川崎両方及び運営サイドが「続行」を求めていたにもかかわらず中止したことです。
決定権を持ち、試合をコントロールできる立場かもしれませんが、これでは「独裁」です。

また、ルールが少ない事がサッカーの良いところではありますが、勝負事ですから必要なルールは早急に作ってもらわないと。
協会も襟を正してもらわなければいけませんね。

サポーターと名乗るものとして、選手達が思いっきりチカラを出し合って、そして感動を与えてくれる、そんなサッカーを、フロンターレを応援し続けていきたいと思います。
だから、審判や協会にも頑張ってほしいなと思います。
【2009/09/16 12:58】 URL | piko #vdXS97RM [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今何時?

Jリーグ公式 ブログパーツ

プロフィール

piko

Author:piko
神奈川県川崎市出身。
「生まれも育ちも川崎」でございます。

早いものでサポーター15シーズン目。
川崎フロンターレとともに2017年を戦っていきます。

LOVE KAWASAKI

フロンターレ公式

サッカーブログランキング

1日1クリックお願い致します。

人気blogランキングへ></A>

</p>
<p style=

にほんブログ村

こちらにもフロンターレ系ブログが↓

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

Mind-1リンクサイト

さっかりん川崎 JBA川崎

J'sGOAL

俺達とともに行こうぜ

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

俺達の思いは 誰よりも熱く

リアルタイムご来訪同志数

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

蒼黒に光る星とともに


-天気予報コム-

ブログ内検索

RSSフィード

蒼黒、いや白黒つけようw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる