フロンターレどうでしょう。
一生フロンターレします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告
等々力劇場「良いフロンターレ、悪いフロンターレ」マリノス戦3-2
朝起きたら何故か右腕が筋肉痛でした。
おそらく、無意識にいつも以上にタオマフを強く振り回し、いつも以上に応援で腕を振り上げ、いつも以上に仲間達と強く固い握手を交わし、いつも以上に強くガッツポーズをしたからかな…(;´・ω・)

マリノス戦は、良くも悪くも「フロンターレらしさ」が凝縮された1戦でした。
特に「あの9分間」は。


ソンリョン・ネット・嘉人とセンターラインの主力3人を欠いた状態で勝ちきれるかがポイントでしたが、久々のスタメンとなった狩野が古巣相手に見事なヘディングシュートを決め先制できたことで、このメンバーでも勝てると思いました。
相手にボールを持たれる時間は予想より長く感じましたが、斉藤学やマルティネスのサイドからの突破を田坂・車屋が対応し脅威を感じませんでした。

GK新井のアクシデントでJ1初出場となった高木も、最初のゴールキックがナイスタッチ(苦笑)となった以外はセービングも良かったですし、西川ばりのロングキックパスも見せ良く守っていたと思います。

そして、後半39分に三好が素晴らしいループシュートで追加点を決め2-0とし、戦前の不安を一掃するゲーム運びが出来たと思います。


…ええ、90分までは。


アディショナルタイム9分の表示にスタジアムがどよめきます。
新井の治療が長引いたこともあり今から思えば妥当だったかと思いますが、それでも9分というのはこれまでに聞いたことがありません。
私が観戦した試合での最長は7分だったかな。


6分を過ぎてから試合が動き、あっという間に2失点し同点に。

この時、「これまでのフロンターレあるある(悪いほう)」が走馬灯のように思い出され…

私は2003年シーズン途中からフロンターレを応援するようになったのですが、
ここぞという時にやらかしてしまい、昇格を逃し、タイトルを逃し続けてきました。

前節大宮戦でもやらかしてしまいましたがそれでも年間首位、でもこの試合でもやらかしてしまったら…

しかし、追いつかれた瞬間、私は「まだイケる!諦めるな!」と叫んでいました。

9分が長すぎてあと何分だかわからず訳分かんなくなっていたこともありますが(苦笑)、何よりも「今シーズンのフロンターレあるある(良いほう)」が脳裏をよぎったからです。


過去のシーズンと大きく違うのは、今シーズンは負けそうな試合で追いつき勝ち点1を奪い、ドローで終わりそうな試合を最後の最後で勝ちきってきたこと。

だから、諦めなければ勝てる!と信じて応援し続けられました。


悠のヘディングシュートがゴールに吸い込まれ、等々力スタジアムは絶叫の渦に包まれました。
私も…ああ、喉が痛い…

帰宅後録画を何度も(たぶん悠の決勝ゴールは10回以上)見直しましたが、その度に鳥肌が立つくらい劇的でした。




正直2-0で試合を締めてくれたほうが…とも思いますし、無駄に劇場にしなくていいとも思います。

しかし、あの9分間を乗り越えて、あんなシチュエーションから最後の最後に勝ちきれたこと、この経験は決して無駄ではないと思います。

この勝利で年間3位が確定、CS出場を決めましたが、そこが目標ではありません。
本当の目標であるタイトル獲得に向けて、この勝利を自信としつつ、ゲームの締め方を反省し改善して前に進んでほしいです。



それにしても、この日は朝抽選に始まり、鉄分豊富な息子のために14時からシュミレータとNゲージ運転の整理券に並び、列チェックからの席取り、いつもより30分長いフロンパーク、そしてAT9分の死闘…

最高に楽しかったけど、最高に疲れてボロボロになったお父さんでした。


…本当に勝って良かった…




スポンサーサイト
【2016/09/26】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
サービス残業 天皇杯千葉戦4-1
半袖では肌寒いくらいの等々力でしたが、後半早々に追いつかれてから勝ち越せずイライラが募り、寒さを忘れさせてくれましたね(苦笑)
延長に入り綺麗に崩して3点入れ勝負を決めてくれたので溜飲を下げることができましたが。
嘉人は敢えて18時キックオフだから延長して楽しませてくれたようですが、残業代は出ませんのであしからず。
それにしても、交代で出場したエウソン・三好・車屋が流れを変えてくれましたね。
大宮戦からスタメンを9人も入れ替え、憲剛・大島・悠がベンチ外で、やり過ぎじゃないかとヒヤヒヤ&イライラしましたよ(~_~;)
兎にも角にも、次に進めました。
次は中2日でマリノス戦、嘉人とネット抜きで苦しい状況ですが、何とか勝ちきりたいですね。
マリノスは天皇杯で俊輔まで出してベストメンバーで戦い、中2日の影響があるのか?
前節悔しい負け方をしたフロンターレが意地を見せてくれるか。
いずれにせよ、サポーターにできるのは精一杯応援するのみ。
ホーム等々力を最高の雰囲気にし、勝てるよう全力で後押ししましょう!
【2016/09/23】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
「川崎の35歳」と「チビ黒田」が躍動。 vsアビスパ福岡戦 3-1
いや、川崎関連記事の見出しでこの2つのワードが印象的だったので。

川崎の4○歳、pikobinでございます。


柏戦の大敗から天皇杯を挟みアビスパ戦となったわけですが、
ブラウブリッツ秋田戦でも前線からのプレスで先制されるなど後半頭までペースを掴めなかったこともあり、
アビスパ戦での試合の入り方に注目していました。

そして、1stステージでのアウェイで戦はあっという間に2点奪われ、結果勝ちきれずステージ優勝を逃しただけに、
ホームでは先制点がカギかなと。

予想よりもアビスパが前からプレスしてこなかったのでボールを支配できたこと、前半に先制できたことが勝因かと思います。
アビスパはウェリントンがケガの影響でスタメンから外れたせいで攻撃に迫力がなかったのも助かりました。

あとは、話題の憲剛の2点目。
試合後Jリーグダイジェストを見て「二股抜きだ!」と叫んでしまいましたが、これは聞こえが悪いなと (汗
でも、これからの試合はああいった泥臭いゴールが必要になると思いますので、これからも執念でゴールに結びつけていってほしいなと思います。


そして久しぶりの嘉人のゴール。
得意の夏場にパッタリとゴールが止まり心配でしたが、先週の天皇杯に続き連続ゴールとなりました。
これで復調してゴールを量産してくれれば、必ず今後の勝ちに繋がってくると思いますので、期待したいと思います。

それにしても、あのゴールはきれいに崩して素晴らしいゴールでしたね。
思わず「気持ちいい!」と叫んでしまいました。

それと、タサのCBですね。
本来攻撃的な選手ですのでどうかとは思いましたが、持ち前の対人への強さでしっかり仕事してくれましたね。

タサが復調してくれるとフロンターレにとっては大きいです。

で。

タサ


黒田



う~ん、似てるといえば似てるのか?


…目か?



とにかく、広島カープ25年振り優勝の立役者となった黒田同様、フロンターレ創設20年目での優勝の立役者になってほしいです、「チビ黒田」に。




さて、アビスパに勝利しアウェイのリベンジを果たし、連敗することなく残り6節となりました。

ここからですね、正念場は。


リーグ5戦負けなしの大宮、ルヴァンカップ準決勝までコマを進めたマリノス、連勝で外国人2トップが好調の神戸、お得意とされているウタカがいる広島、1stステージ覇者の鹿島、そして年間4位、2ndステージ3位のガンバ。

上位・好調なクラブとの戦いが続きます。

この6クラブ、フロンターレにとっては何かと縁のあるクラブで、

大宮…2004年にフロンターレと共にJ1昇格を決めたクラブ
マリノス…お隣横浜のビッグクラブ、神奈川のクラブとして負けられない相手
神戸…嘉人が在籍していたクラブ
広島…2003年フロンターレと勝ち点1差で昇格を決めたクラブ
鹿島…関塚前監督の古巣、2008年フロンターレ2位の時、勝ち点3差で優勝
ガンバ…2005年のホーム最終戦、等々力でガンバの初優勝を見せつけられた時、「いつかフロンターレも…」という思いで唇を噛み締めた


どこも乗り越えなければならない相手です。


ポジティブに捉えれば、降格争いに巻き込まれることなく、純粋にタイトル目指してチャレンジできる残り6節とも言えます。


これまでのフロンターレには、勝ち点1差や1勝差で昇格やタイトル獲得を逃し、涙を呑んだ歴史があります。




♪そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと
 そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ

 あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いが叶う その時が来るって
 僕は信じてるから 君もあきらめないでいて
 何度でも この両手を あの空へ のばして あの空へ

<あとひとつ - FUNKY MONKEY BABYS - より>



一戦必勝、一試合一試合を全力で勝利目指して戦いましょう!


【2016/09/12】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今何時?

Jリーグ公式 ブログパーツ

プロフィール

piko

Author:piko
神奈川県川崎市出身。
「生まれも育ちも川崎」でございます。

早いものでサポーター14シーズン目。
川崎フロンターレとともに2016年を戦っていきます。

LOVE KAWASAKI

フロンターレ公式

サッカーブログランキング

1日1クリックお願い致します。

人気blogランキングへ></A>

</p>
<p style=

にほんブログ村

こちらにもフロンターレ系ブログが↓

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

Mind-1リンクサイト

さっかりん川崎 JBA川崎

J'sGOAL

俺達とともに行こうぜ

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

俺達の思いは 誰よりも熱く

リアルタイムご来訪同志数

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

蒼黒に光る星とともに


-天気予報コム-

ブログ内検索

RSSフィード

蒼黒、いや白黒つけようw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。