フロンターレどうでしょう。
一生フロンターレします
ホーム初勝利! 柏戦2-1
平日だっていうのに17時頃のフロンパークはサポーターで溢れてました。
皆さん何やってるんですか?(笑)

そんな私も半休取りましたけど。

金曜日のナイトゲーム、相手は柏。
ここ数年はホームで苦戦している印象。

ガムステーションでロッテのキシリトールをいただき、お口爽やかでキックオフ。

立ち上がりの15分は素晴らしかったですね。

パスが回り、奪われてもすぐに取り返し、ほとんど相手にボールを持たせませんでした。

あとはフィニッシュだけでしたが、展開としてはフロンターレが目指す理想型に近いプレイができていたのではないでしょうか。

しかし、そんな良い流れの中で点を取れないと、一瞬の隙に失点してしまう事が良くあります。

柏はクリスティアーノとディエゴオリベイラの2人だけでも攻撃の形が作れるので、攻め続けて前掛かりになった時に1本のロングパスで前線に繋がれてしまうと脅威でした。

それでも前半は主導権を握り続け、後半42分にCKからショーゴのヘッドで先制!

これで私は安心し、早めにトイレに行こうと席を離れると…

阿部ちゃんの奪取からケンゴール!

…盛大に見逃したうえに、等々力初ジャスティスも出来ず…


何はともあれ前半を2-0と良い形で折り返します。

後半は柏の反撃を喰らい、1点返されてしまいますが、憲剛がカウンターで相手のファールを誘い一発レッドにし数的優位に。
この駆け引きは、完全に憲剛がキャリアの差を見せつけました。

これでダメ押しの1点を加えられれば最高でしたが、逆に人数が少ない相手に押される場面が多く。

それでも何とか逃げ切り、ホーム初勝利となりました。


まだ課題はありますが、何よりも勝ちきれた事が大きいです。

ロッテのガムと、勝利の味を噛み締めた最高の週末になりました。


金曜日に勝つと、土日の丸々2日間勝利の余韻を味わえてイイですね。

なんかのんびりし過ぎて珍しく昼寝してしまいました。

明日は息子と新応援歌の練習でもしようかな。

阿部ちゃんとハイネルのチャントを完全マスターしようと思います。

…この2人がゴールを決めてくれたら、もっと盛り上がると思うので。


では、皆様も良い週末をお過ごしくださいませ。


(^^)/~~~

スポンサーサイト
【2017/03/11】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
等々力劇場、準備中。 2017ホーム開幕 鳥栖戦1-1
川崎に大久保嘉ロス ゴール前で精度不足(中スポ)

…まあ書かれちゃいますよね、こういう結果だと。

ただ、「嘉人がいなくなったから」だけではないし、「嘉人がいれば」とも思っていません。

キャプテン悠のコメントの通り、「正直、やっていて点が取れそうなのは自分しかいないと感じた。他に自分が決めるんだという選手が出てこないといけない」
というのは応援している側から見ても感じることだし、現状の大きな課題だと思います。

ただ、それは嘉人がいなくなったからだけではありません。

サイドバックなのに気が付くとゴール前にいる「隠れCF」エウソンの長期離脱も大きな要因だと思います。
さらに、エドゥがいない中、車屋がCBを務めなければならない状況というのも攻撃面で迫力を欠く大きな原因でしょう。

そんな中でも、悠の連続得点や、ノボリが躍動していたり、ハイネルもまだまだではありますがワクワクさせてくれるプレーがあったり、何よりもこの状況で大崩れしていないということは、チーム全体の底力は確実に上がっていると思います。

奈良が90分戦える状況になれば、3バック・4バックの流動性が高くなり、車屋が攻撃に絡むようになることでチャンスは増えてくると思います。

また、「自分が決めてやる」という意識をチーム全体でより強く持たなければならないとは思いますが、現状でもゴールに貪欲な選手はいるでしょう。

森本だって昨年も要所要所で勝敗を決めるゴールを決めていましたし、何よりも「新13番」三好がいるじゃないですか。

鳥栖戦で焦れたのは、三好を起用するタイミングが遅すぎたこと。

ゲーム中に足りないと感じたものを交代で補う、この判断力と決断力を鬼木監督に身に付けてほしいなと思います。

新加入選手の融合や、先制するとギヤを落として追いつかれる病が治っていないなど、まだまだ課題が山積み、この状況では「等々力劇場」は開演しません。

そもそもホーム開幕って、負けないにせよここ数年勝っていない印象が強いですが。


♪良いことばかりじゃないからさ
♪痛くて泣きたいこともある

♪とりあえずまだ僕は折れない
♪ヒーローに自分重ねて 明日も

(SHISHAMO 「明日も」より)


まだ始まったばかり。

悲観せずに、ポジティブに。

「戦うヒーローに 気持ち込めて」応援していきたいと思います。
【2017/03/06】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017開幕戦勝利 アウェイ大宮戦2-0
チケット取れず行けませんでしたが。

悠様4年連続開幕戦ゴール、そして昨季MVP憲剛のダメ押しゴール、さらに無失点。

内容はともかく、開幕戦を勝利で飾れたというのが収穫ですね。

水曜日の水原三星戦は前半途中にスタジアムに到着し、結局オウンゴールしか見られず、さらにシュート数も少なく寒い内容でドローと、Jリーグ開幕戦大丈夫かと少々心配になりましたが、中3日で挑んだ敵地でしっかり勝点3を手に入れました。

新加入選手との融合はまだまだなところはありますが、そんな中でも勝点3を積み重ねていくことがタイトル獲得には必須、開幕戦アウェイで勝てたのは大きいと思います。

ACLもあり遠征や中3日のタイトなスケジュールが続き、選手は大変だと思いますが、しぶとく、したたかに勝点を積み上げられるチームに進化してほしいですね。



次はACLアウェイ香港。

香港は深圳出張時に空港利用しましたが、一度はゆっくり行ってみたい場所。

年度末のこの時期、しかも平日に休みを取るのは厳しい。

久しぶりに願掛けメシでもしようかな。




【2017/02/26】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017年新体制発表会見 気になる15番
ニコ生で見ました。

iphone7「F」でも出すのではないかというワラシナジョブズのプレゼンから始まり、マジックショー、鬼木ボンバイエと、フロンターレらしい右斜めを行く演出の新体制発表会見でした。

9番目の新加入で川崎出身の彼を臭わせたかと思いきや、ロッテが新スポンサーに!
それはそれで凄いし、フロンパークイベントも期待できそう。
ロッテ×ドールのチョコバナナとか、お菓子の家ならぬ「お菓子のスタジアム」とか。

村田兆治の登場も驚きました。
小学生の頃は野球少年で、ロッテの後援会に入っていて、何度も川崎球場にロッテ戦見に行ったなあ。
投手は村田に仁科、野手は有藤・張本・リー兄弟に落合、捕手は袴田に土肥…懐かしいな…
まさかフロンターレとロッテが繋がるなんて…
川崎生まれの川崎育ちとしては、非常に感慨深いです。


で、ユニフォームは…

ムムム…

限りなく黒の少ないデザイン、迷いどころです。

背番号は、車屋7番・三好13番がざわつきましたね。
家長41番はこだわりの番号か。
家長はフロンターレ色に染まったらイメージ大きく変わりそうですね。
何よりも、15番の空き番の意味が最後まで気になる…

さて、ユニフォーム購入どうしようか…

【2017/01/22】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
元日から強がっていいですか?天皇杯 準優勝
よし、これでナビスコ杯、リーグ、天皇杯の『シルバー3冠』だ‼︎






_| ̄|○




…もうシルバーコレクション要らん(号泣)





改めまして、元日までフロンターレを応援させてくれてありがとう。


嘉人、本当にありがとうございました。


風間監督、魅力的なサッカーをフロンターレに植えつけてくれて、本当にありがとうございました。



もう現実逃避したくてたまらない元日ですが(汗、まずはゆっくり休んで、2017シーズンは昨年以上の成績を残せるよう、気持ち新たに頑張りたいと思います。


2017年も、よろしくお願いいたします。




…帰りの新幹線どうしよう…




【2017/01/01】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(4)
元日までフロンターレを応援できる喜び。
天皇杯準決勝は苦しみながらも勝利し、元日吹田での決勝にコマを進めました。

CSでは悔しい思いをしましたが、あの悔しさを胸に選手達は頑張ってくれました。

元日までフロンターレを応援する事ができ、本当に感謝です。

相手は鹿島、敵に不足なし、というかCSのリベンジですね。

選手もサポーターも思いはひとつだと思います。


選手達はタイトルへの強い想いと、CSの雪辱を晴らすべく強い気持ちで戦ってくれると思います。

しかし、決して忘れてはならないのは、フロンターレらしいサッカーで選手達が楽しんでプレイすることです。

今シーズンも、ここ一番という試合で自分達のサッカーができず、何度もタイトルのチャンスを逃し続けました。

風間フロンターレとして最後の試合、これまでの集大成として、これまで積み上げてきたフロンターレスタイルに自信を持って、そして楽しんでプレイしてほしいと思います。


大宮戦後の仲間との祝勝会中に、決勝のチケットを押さえ、帰宅後宿も確保、吹田の決勝に参戦します。

祝勝会後にエレベーターで、自称ソンリョン似の大宮サポさんに『鹿島に勝ってください!』と声を掛けられました。

熊谷では色々ありましたが(苦笑)、試合が終わればノーサイドという事で、2005年一緒に昇格し、且つタイトルを取ったことのない、この大宮サポさんの想いも胸に、吹田でフロンターレを後押ししたいと思います。


そして。


天国のマイヤに、フロンターレの優勝を捧げたい。

様々な想いを胸に、吹田で精一杯フロンターレを応援してきます!


【2016/12/30】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(2)
買えた。
本日10時にチケット復活してました。

11時半現在、自由席右側まだ〇になってます。

【2016/12/27】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
チケット難民。
12/24は味スタにて準々決勝を観戦し、久々の嘉人のゴールと準決勝進出という嬉しいクリスマスプレゼントを戴きました。

が、試合後スタジアムで準決勝のチケットを購入したところ、小中は販売しないとのことで大人分のチケットしか買えず。
小中はコンビニで買えとのことでコンビニ行ったら売り切れという…

フロンターレHPでは小中と高校生も販売するって書いてあったのにな…

こんなことなら大人チケットもう1枚買っておけばよかった…

それにしても、日産スタジアムのキャパでチケット売り切れるとは思っていなかった。

子供だけ家で留守番させるわけにはいかず、どうしようか困っております。


バックスタンド緩衝帯減らしたり、上階開放してもらって追加発売してくれないかなあ…
【2016/12/26】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
憲剛、MVPおめでとう!
優勝していないクラブからの受賞。
フロンターレから初の受賞。
最年長での受賞。

川崎の36歳が、MVPに選ばれました。

憲剛MVPの記事を読むたび、目から汗が…いや涙が滲みます。



私は2003年からフロンターレを応援し始めましたが、当初第一印象で気になった選手が4人いました。

まずはジュニーニョ。
彼の縦横無尽なドリブル、周囲の選手とのレベルの違いに一目惚れ。
フロンターレを応援するきっかけとなりました。

次に、我那覇。
プレーというより、沖縄出身ということと、名字のインパクトで。(苦笑)

そして、憲剛。
母校が一緒、SKPも一緒(笑)というところから気になったのですが、猫背で線の細い憲剛、テクニシャンだなと思いつつも、これからプロとして長続きできるのか、素人ながら心配になった印象があります。


あ、あと一人は久野選手。
…なんでベティと呼ばれているのか気になって気になって(爆)



…で、そんな憲剛ですが、フロンターレの主力選手として、J1昇格をはじめ、幾度とない準優勝(泣)に貢献し、日本代表選出、W杯出場と輝かしい実績を上げてきました。

そして風間監督就任後、30歳を過ぎていましたがさらなる成長を遂げ、36歳にしてMVPを獲得。

本当に息の長い素晴らしい選手になってくれました。

憲剛、本当におめでとう。

川崎の誇りです。


MVPの選出方法が価値がありますね。

選手・監督からの投票で断トツだったとか。


プロ14年目にして手に入れたMVPという勲章、本当に素晴らしいですしサポーターとして物凄く嬉しいです。

でも、これで終わりではなく、憲剛のさらなる成長に期待したいです。





…「勲章」で思い出した歌が嶋大輔の「男の勲章」だったことは内緒です。



脱線はこのくらいにして…




…あとは…タイトルだけだな…


憲剛にタイトルを獲ってほしい、獲らせてあげたい、一緒に獲りたい!



週末の天皇杯に向けて、一気にテンション上がりました!















【2016/12/21】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
Acabou o caô …
youtube拝借します。
https://youtu.be/KOHxhbDxMd4 
…涙が止まらない。
期間が長かろうが短かろうが、フロンターレに来た選手は全力で応援する。
アルトゥール マイア
享年 24歳。
…若すぎる。
胸が締め付けられる。
命の尊さを、思い知らされる。
天皇杯、FC東京戦で、マイアのチャントを歌いたい。
マイアが来たから、大丈夫。
フロンターレに関わる全ての人の心の中に、いつまでもマイアがいるから、大丈夫。
命あるからこそできること。
後悔しないように、全力でフロンターレを応援したい。
マイアとこの事故によりお亡くなりになられた方に、心からご冥福をお祈りいたします。
【2016/12/02】 | フロンターレ関係どうでしょう。
「フロンターレが一番」悠、本当にありがとう。
11月23日、CSで鹿島に敗れ、私は…

しかお

こんな感じで、

御気の毒

という現実を突きつけられ、

金曜日までは、

棺桶

こうでした…


しかし。


土曜日にこの記事が↓

【川崎】小林の残留が決定、J1の3クラブからのオファーを固辞「フロンターレが一番」ブログで告白(報知)


…フロンターレが一番…


!!!


これだ!


ということで、復活の呪文を↓

復活の呪文


すると、

復活1

復活2


からの、

神のご加護


で、復活しました(笑)


***

冗談抜きで、悠様、本当にありがとう。


悠が加入した2010年、川崎大師での必勝祈願の際、祈祷後の悠に声を掛けさせて頂き、サインと共に家族と撮影させて頂きました。
必勝祈願後の商店街挨拶回りでも、悠が地元商店街担当だったので、いの一番に並んで娘をダシに花束贈呈。

1265275002a7.jpg


当時の印象は、初々しくてベビーフェイスで好青年。
確か入団当初も靱帯を痛めていたかな。
見た目の可愛さと(男が言うなw)、線の細さから、彼はこれからどうやって成長してくれるのかな、と不安と期待が入り交じり。

悠様&高須

ケガの影響もあったと思いますが、ルーキーイヤーの初得点は9月の天皇杯でした。

syoutengai

しかし翌年には背番号11を背負い2桁ゴールで活躍、2012シーズンにはビッグスワンで決勝ゴールを決め鬼門突破と、フロンターレの点取り屋として着実に成長し活躍するかと思いましたが、度重なるケガで安定した結果を残せず。

2014シーズンに再び2桁ゴールし日本代表に選出されるようになったものの、召集される度にケガで辞退と、本当にケガで泣かされ続けてきました。

kobayasi.jpg


そして今シーズン、自己最高の15ゴールで嘉人と並び日本人選手トップタイ、ようやくケガの呪縛から解き放たれたと思いきや…

アウェイ鹿島戦で肉離れで戦線離脱、最終節やCSを棒に振ることに…

***

悠の今シーズンを振り返ると、やはり2ndステージ13節のホームマリノス戦が強烈に印象に残っています。

9分という長いロスタイムの中であっという間に追いつかれ、勝ち点3を逃したかに思えたラストプレーで悠が決勝ゴール!

あの時の悠の表情は、入団当時の可愛い(また言ったw)表情とは違い、鬼気迫る表情だった。

嘉人に代わりフロンターレの「エースストライカー」になった、そう感じられるくらい逞しく頼れる選手になったと心から思いました。


移籍報道が出た時、フロンターレサポーターとして悠は心から残ってほしい選手だと改めて思いました。

スポーツ紙によると、フロンターレよりも良い条件でオファーが来ていたようですが、そんな中でもフロンターレを選んでくれた。

本当に、本当にありがとう。

そして、フロンターレサポーターとして悠を誇りに思います。


繰り返すけど、CSに敗れて本当に抜け殻でした。

でも、悠の残留でやっと前を向くことができました。


前を向いた先には…天皇杯が待っています。




♪とにかく笑えれば 最後に笑えれば



本当にいろいろありましたが、2016シーズンの最後に笑えるよう、まずは12月24日に向けてフル充電しておきたいと思います。
【2016/11/28】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
はぐれメタルをやっつけたくらいの経験値獲得 天皇杯浦和戦 3-3(PK4-1)
ふざけたタイトルで申し訳ありませんが、試合後そんな気持ちになったんです。

粘って粘って浦和をやっつけ、得たものは勝利だけではない、大きな経験値を得たな、と。

もうしばらくドラクエやっていませんが、確かはぐれメタルは素早いうえに守備力が高く、ヒットしてもクリティカルでなければ1しかダメージを与えられない。
攻めあぐねてると逃げられてしまい、仕留め難いけれども仕留めたらEx20000くらいだっけ、とにかく周囲のモンスターとは比べ物にならないくらいの経験値を獲得できる。

urawa1.png

urawa2.png

urawa3.png

現実では数値にできないけど、この勝利は確実にフロンターレの経験値を上げたと思います。


試合前は、悠とリョータだけでなく憲剛まで出れないということで、浦和も西川と槙野という守備の要を欠いたとしても厳しい戦いになるのでは、と感じました。

板倉が最終ラインに入ると思いきや、ネットと共に「高身長ボランチ」を組んだのは意外でしたが、いざ試合が始まると板倉のパフォーマンスが素晴らしく、最後まで目を奪われていました。

足を攣った後もパワープレーで空中戦を制し同点に繋がるプレーをしてくれました。

私のMOMは板倉選手です。


それにしても、粘り倒しましたね。

PKで追いつき、オウンゴールで勝ち越されても途中出場の森本が冷静に決め、延長で3度目の勝ち越しを許しても、エドゥのヘッドで三度追いつく。

3-3になったとき、両チームの選手とも体力は限界だったと思いますが、浦和の何人かの選手は足が攣って動けなかったのに対し、フロンターレの選手は最後まで走り続けていました。

勝利への執念が勝っていたと思いますし、これでPK戦になったとしても気力の面で勝てるのでは、と感じました。


PK戦は、ホーム側のゴールでできたことはとても大きかったと思います。

あのバー・ポスト氏はきっとフロンターレを守ってくれるはず、と勝手に思っていましたし(笑、ソンリョンやPKキッカーに近くから声援を送ることができ、等々力の雰囲気が力になったのではないかと思います。



思い起こせばサポーターになって14年目、PKで勝った記憶がありませんでしたが、記憶じゃなくて本当に勝った事が無かったんですね。

ネットが決めた瞬間の心の震え方は半端なかったです。


主力を欠く中で浦和に何度も追いついて勝ったことも本当に素晴らしいですし、私の中で「等々力で浦和に勝つこと」は最大の喜びというのもあり、心底嬉しかった。

帰宅して落ち着いて、ようやく「ああ、年末までフロンターレを応援できる」という喜びがあったことを思い出しました。



冒頭に述べた通り、この勝利は本当に大きな経験値を得たと思います。


年間1位の浦和と再び戦い頂点に立つために、まずは鹿島に勝てるようこの経験を活かし、自信をもって臨んでほしいなと思います。



さあ、今夜も帰ってから録画見ようっと(笑
【2016/11/14】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
全部2位。 じゃなかったね ガンバ戦2-3
試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、正直落ち込みました。
ステージ制覇はできなかったけど、リーグ最終節を勝ち切り、他力本願だけど年間1位を目指して…という思いで戦っている、そう信じて応援していましたが…
前半は見ていて楽しい展開で、若手の三好と長谷川が決めて2-0。
後半立ち上がりも前半と変わらぬ勢いで攻めていましたが、1失点してからはダメダメ。
浮足立ったのか、瞬く間に逆転を許してしまいました。
憲剛が良くコメントしていましたが、2-0は怖い、1点返されると流れが変わります。
今回もまさにそんな形でやられましたが、ぶっちゃけこの土壇場でそうなってしまってはダメでしょう。
年間1位目指すと言っていた割には不甲斐ない負け方、こんなメンタルじゃCS勝てるわけがないと思ってしまいました。。
この結果、「田村で金、谷でも金、そしてママでも金」じゃないですが、「1stで2位、2ndで2位、年間で2位」です。
あ、2nd3位か💦
結果論ですが、勝っていれば年間1位だったのに、自滅でまたまた1位を逃しました。
シルバーコレクター、もうウンザリ…
フロンターレは今年20周年というシーズンで、開幕当初からタイトルを目指すと言い続け、最終節試合後のセレモニーでもCS頑張ってタイトル目指すといっていました。
本当にタイトルを取りたいのなら、ガンバ戦みたいな戦い方にならないはず。
ピッチで本気を見せてくれ。
最後まで攻め続けてくれ。
風間体制で培ったサッカースタイルを貫き通してくれ。
私も、気持ち切り替えてCS全力で応援したいと思います。
もちろん、その前の天皇杯も。
【2016/11/04】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(1)
神ってる新井 鹿島戦1-0
だいぶ攻め込まれましたが、新井が神ってましたね。
バー・ポスト氏も味方してくれましたが、特に後半はスーパーセーブを連発し、まさに守護神でした。
今日は再三のセットプレーも点を取られる気がしなかったです。
悠の負傷退場が心配ですが、代わった森本がシュートのこぼれ球を押し込み先制&決勝ゴール!
苦しみながらもアウェイで完封勝利です。
浦和も勝ちステージ優勝はなくなりましたが、僅かな望みのある年間1位のために、最終節も絶対に勝ちましょう!
***
今回は初めて東京からの高速バスを利用、余裕を持ってキックオフ2時間前に着くイメージでしたが、東京駅で1時間半以上待ち…
キックオフギリギリに到着でした。

ジーコさん、久しぶりです。
豪雨で中断した試合以来かな。

モツ煮(大)が似合う季節です。

ロールハム焼きがロールじゃなかった(T . T)

家を出発してから5時間半かかり苦労しましたが、勝って何よりです。
今帰りの高速バスに乗り、鹿島名物大渋滞の最中。
何時に戻れることやら…
【2016/10/29】 | フロンターレ関係どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
粘り勝ち。そして年間2位以上確定。 広島戦2-0
広島戦は苦しい展開ながらも賢太郎のスーパーゴールと憲剛の「どけ」ゴールで勝利しました。

前半はフロンターレがどうもボールに足が付かないというか、ミスもあり広島ペース。
ゆっくり回されサイドを使われ、シュートがポストに助けられながらなんとか先制を許さず、という展開でした。
ここでサイドに無理に食いつかず凌げたせいか、後半は徐々にフロンターレのペースに。
新井も序盤は前から奪いに来ているにもかかわらず最終ラインで危ないパス回しを選択してしまいヤキモキしましたが、後半は良く守ってくれました。

リョータから賢太郎への交代は?と思いましたが、この交代が見事に的中、キャプテン翼級のスーパーゴールで勝利を手繰り寄せてくれました。
あのゴール、DFに当たって変化したのかなと思いきや、芸術的な無回転シュートでしたね。
あのゴールシーン再生しながら、ごはん3杯とGK林の倒れこむシーンにセリフを付けて大喜利2時間はできますね。(なんのこっちゃ)

ロスタイムでピンチを凌ぎ、エウソンのボール奪取から「川崎の35歳」のオラオラゴール。

苦しい展開の中でもこうやって先制して最後にトドメを刺してゲームを終えられるというのは本当に逞しくなったですね。

ぜひぜひ残り2戦とCSでも最後まで点を取りに行く戦い方を貫いてほしいものです。

この勝利で年間勝ち点を69に伸ばしましたが、浦和さんもしぶとく勝利し年間2位のまま。
セカンドステージでは2位に浮上しましたが、浦和との勝ち点差は6。
ステージ優勝はさすがに浦和さんの2連敗はないでしょうから(←これフラグね)厳しいと思いますが、年間勝ち点差は1ですのでフロンターレが連勝して浦和さんが1つでも引き分ければ逆転のチャンスがあります。

いずれにしても勝ち続けなければなりませんので、まずは次節アウェイ鹿島戦ですね。

鹿島が破れ勝ち点59、のころ2節でフロンターレとの勝ち点差は10となり、ひとまず年間2位が確定しましたが、最後の最後まで年間1位を目指しつつ、勝ってCSに勢いをつけたいですね。


***

試合前はフロンパークにて「陸前高田ランド」が開催されました。
我が家は「餅まき」に参加、私は元野球部として昔取った杵柄というやつで、新井章太よりも上手くキャッチングできたと思います(笑)
野球は弾いちゃ駄目ですからね。

***

最後に、最近記事にはしていませんが、以前からネタにしていた「願掛けメシ」を継続しています。

今回はこちら↓
広島はっさく
三ツ矢サイダー 広島県産はっさく

これと広島産カキフライで願掛けバッチリでした(笑)
【2016/10/24】 | フロンターレ戦記どうでしょう。 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今何時?

Jリーグ公式 ブログパーツ

プロフィール

piko

Author:piko
神奈川県川崎市出身。
「生まれも育ちも川崎」でございます。

早いものでサポーター15シーズン目。
川崎フロンターレとともに2017年を戦っていきます。

LOVE KAWASAKI

フロンターレ公式

サッカーブログランキング

1日1クリックお願い致します。

人気blogランキングへ></A>

</p>
<p style=

にほんブログ村

こちらにもフロンターレ系ブログが↓

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

Mind-1リンクサイト

さっかりん川崎 JBA川崎

J'sGOAL

俺達とともに行こうぜ

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

俺達の思いは 誰よりも熱く

リアルタイムご来訪同志数

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

蒼黒に光る星とともに


-天気予報コム-

ブログ内検索

RSSフィード

蒼黒、いや白黒つけようw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる